ECO-paintnetwork
カーボンオフセット
に関するご相談は
 TEL : 052-361-0224
CO2排出権付き「建設工事」のコンサルタント  

   

 「環境への負荷の少ない事業活動」
 目指す、各地域を代表する塗料トップ
 ディーラーで結成した集まりです。
 電気・水道量使用削減などに取り組む他、
 社内から排出されるゴミの減量にも
 努めています。



 どうしても発生してしまう二酸化炭素を、
 排出権取引によって
CO2発生量をゼロ
 にする、環境に優しいシステムです。


  コラム

 「ナガヤコラム」                        ナガヤ塗料(名古屋)によるコラム

年頭にあたって 

 令和3年1月1日()
 

昨年度は、新型コロナウイルス感染症の蔓延に伴い、新しい生活様式や、当たり前のことを当たり前にできなくなった苦悩は、将来に対して不安を抱き、ナガヤ塗料株式会社にとっても非常に苦戦した年になったのではないかと思っています。

60周年各種事業の中止や時差通勤、テレワークやZOOM会議等の試みをしてゆきました。なかなかなれない面も多々ありましたが、皆さん、上手く対応していただけたのではないかと感じています。

 幸い業績も前半戦終了しましたが、ほぼ前年度並みに推移することが出来ました。常務はじめ営業部の皆さんに感謝したいと思っています。コロナ1色の年であった為、東京オリンピックも中止、海外渡航も禁止大規模なコンサートや集会も軒並み中止でした。政治の世界も安倍政権のから菅(すが)政権への移行やアメリカ大統領選挙のバタバタ選挙でようやくバイデン大統領当選です。国内外での混迷が続いた、歴史的な変革の年であった気がします。全てが大きく変化をした年として、記憶に残る年となりました。 

 2021年はどんな年になるのでしょうか? 

 今年の年末年始、時間を持て余していたので、11冊の読書とNetflixでの11本の映画鑑賞をしていました。その本の中で、「2025年を制覇する破壊的企業」という本を読みました。GAFAだけでなく、それ以外の企業のことも書いてありました。 

特に興味をそそられたのが、テスラです。私の今までの感覚では、電気自動車を作っている。自動車メーカーだけの感覚でしたが、そうではないのです。時価総額は、今やトヨタとVWを足した金額よりも多く、現時点で54兆円です。信じられない金額です。何故か・・・・・・・・・・この本の中に書いてあることが凄すぎるのです。

まずは、細かなところで言うとディラーはありません。全て直販です。又NETでの販売がメインです。
基本動くスマホです。性能がどんどんアップデートしてゆきます。
自動運転も購入したときが、レベル2であったのが、2年後アップデートして、レベル3になるという具合です。
しかし、テスラの戦略はそれだけではないのです。
テスラがやろうとしていることは、インフラ輸送革命です。
まずは、ロボタクシーです。グーグルも開発中とのことですが、近い将来、確実に実施されるとのことです。之によりタクシー業界が壊滅的な打撃儀を受ける・・・・・・・違います。それだけではないのです。
まずは、全世界にあるウーバーがだめ、公共交通機関全てだめです。
私鉄も国鉄のバスも料金が鉄道よりも圧倒的に安くなるためです。
長距離運送はどうか、例えば新幹線や飛行機等・・・・・・・・・
之もやばいです。全く新しい長距離輸送システムを考えています。
チューブを使い時速1000キロで、自動輸送をするらしいです。
恐ろしくなってきました。テスラは全てのインフラシステム自体を刷新しようとしているのです。しかも全て無人で・・・・・
ですから時価総額が、トヨタの倍もあるのです。
全世界中のデジタル化の流れももはや止めることは出来ません。
今後我々の建築汎用塗料事業は、どうなるのか?
私は時代は変わると思います。DX化(デジタルトランスフォーメーション)の流れは止まりません。 

今年の弊社は、ナガヤDX化(デジタルトランスフォーメーション)元年にしたいと思います。
DXとは・・・・・(企業がデーターやデジタル技術を活用し、組織やビジネスモデルを変革し、価値の提供の方法を変えることです)
今は業務的なデジタル化を進めていますが、総務部門やNET販売も見直してゆきたいと思いますし、ゆくゆくは営業部門の刷新にも取り組んでいきたいと思っています。   

今まで話したことは、今後ナガヤが大きく変えなければいけないところです。
今から話すことは、今後ナガヤが直すべき所です。

それは、基本動作の徹底です。
今年初めての朝礼でも指摘しましたが、挨拶、接遇、掃除、身だしなみです。
我々は、販売業です。究極のサービス業です。
その会社が、基本動作がしていないと最悪です。
我々は、同業者と残念ながら決定的な差で勝つことは出来ません。
小さな積み重ねの連続で勝利するしかないのです。
幸い真面目な社員に囲まれています。後は、姿勢です。 
姿勢は、直せます。
皆の気持ちを一つにして、基本動作の徹底を心がけましょう。
まずは仕事に取り組む姿勢です。基本動作の徹底を再度お願いいたします。


「能力の差は、小さい」

「努力の差は、大きい」

「継続の差は、とても大きい」

「習慣の差は、一番大きい」


社員の皆様、全員が基本動作を日常の習慣にすれば、これだけでナガヤ塗料は、中部地区の業界でナンバーワンになれると思っています。

どうか年始の際、一人一人が見直し、行動をお願いいたします。 





ネットワーク拠点

KANAGAWA ヤブタ塗料(株)
SAITAMA    (株)富田商店
NAGOYA    ナガヤ塗料(株)
KOBE      (株)高山商店

オブサーバー

TOKYO     (資)コーティングメディア
EPN会員募集中!!詳しくはこちらをクリック


リンク集
エコペイントの森(株式会社エコネット)
   

■エコペイント・ネットワーク事務局
株式会社 高山商店
〒650-0017 兵庫県神戸市中央区楠町6丁目1-4
TEL:078-371-5050/FAX:078-371-1025