ECO-paintnetwork
カーボンオフセット
に関するご相談は
 TEL : 052-361-0224
CO2排出権付き「建設工事」のコンサルタント  

   

 「環境への負荷の少ない事業活動」
 目指す、各地域を代表する塗料トップ
 ディーラーで結成した集まりです。
 電気・水道量使用削減などに取り組む他、
 社内から排出されるゴミの減量にも
 努めています。



 どうしても発生してしまう二酸化炭素を、
 排出権取引によって
CO2発生量をゼロ
 にする、環境に優しいシステムです。


  コラム

 「トミタコラム」                        富田商店(埼玉)によるコラム

あけましておめでとうございます。

 

今回は、私が毎年年頭に社員向けに発している“所信”、メッセージです。

 

今年も、エコペイントネットワーク、並びにEPN各社、富田商店をよろしくお願い申し上げます。

 

以下、平成25年年頭所信

 

今年は、巳年、へび年です。蛇は、成長の過程で脱皮を繰り返します。蛇は目も鱗で覆われているのですが、脱皮する際は目の鱗も一緒に抜け落ちます。よく「目から鱗」と言いますが、本当に蛇は“目から鱗が落ちる”のです。

 

昨年も、厳しい1年でありました。しかし、その厳しい中にも、ロンドンオリンピック日本選手団が過去最高のメダルを獲得したり、東京スカイツリーが開業したりなど、明るいニュースもありました。

 

その中でも、山中伸弥教授のノーベル医学生理学賞受賞は、日本人に明るい希望を与えてくれた特筆すべき昨年のビックニュースでした。

 

山中教授は、ノーベル賞を受賞しているわけですから科学者として優秀であることは、言うまでもありません。彼は、一流の科学者・研究者であると同時に、一流のプレゼンテーターでもあります。

 

研究の成果を発表する学会や講演会など、数少ない貴重な発表の場を最大限活かせるよう、聴衆が聴き入ってくれるような感動を呼ぶようなプレゼンテーションの工夫を、絶えず行っているのです。それが、海外での人脈形成の源となり、延いてはノーベル賞受賞の遠因ともなったのです。

 

社員の皆さんも、コーティングの研修や勉強会への参加、また日々のOJT等、自身のスキルアップを図る為、常日頃努力していることでしょう。それすら厭うような社員は、必要としません。

 

向上心のある社員のみ、自身の能力を高めたいといつも思っている、また実践できている社員のみを求めています。それ以外の社員がいたとするならば、我々のフィールドから退場して下さい。

 

そして我々には、今持っているパフォーマンスの全てをお客様へ伝えられる技が必要です。我々がお伝えしたい事を、お客様が理解して頂けるようなコミュニケーション力を身に付ける事が、肝要なのです。

 

能ある鷹は爪を出しましょう。能力の出し惜しみをしている場合ではありません。但し、一方的な押しつは、何も伝わらないどころかお客様に誤解を与えてしまいます。

 

情報の伝達だけでは、コミュニケーションが取れているとは言えません。お互い理解し合える関係性に於いて初めて、正しいコミュニケーションが成立するのです。

 

先ずは、お客様からの信頼を勝ち取ることです。そして、お客様から期待される社員となる事です。そうなった時、お客様の要求が自分へと伝わり、自分がお客様に期待する事をお客様に理解して頂けるのです。

 

我々がお客様へ提供できるスキルを伝えるのにも、またスキルを必要とするのです。山中教授のように、伝える事の創意工夫、努力が重要なのです。

 

彼のプレゼンテーションの天才スティーブジョブスでさえ、5分のプレゼンの準備に数百時間を費やしたと言います。どうしたら分かりやすく正確に理解してもらえるか、その工夫を惜しんではなりません。

 

良い商品を取り揃えていれば、他にはないサービスがあれば、数段優れたスキルを持っていさえすれば、お客様が喜んで来て頂けるわけではないのです。

 

中身さえ良ければ、自然とお客様が集まってくれるというのは大きな間違えです。それを伝える工夫、発信する力が必要なのです。

 

日々の業務の中でお客様と接する時、いつも小さなプレゼンをしているつもりでいて下さい。皆さんのパフォーマンスの全てを、曝け出して下さい。そして皆さんの持ち得る全てを、お客様へ伝わる工夫をして下さい。正しいコミュニケーションが取れる人間関係を、構築して下さい。

 

石油事業部に於いては、今年度よりトップが変わり、日祭日の全店舗営業等、改革の真只中にあります。但し、まだ成果を出せてはいません。

 

成果は組織の外にあると言います。多くのお客様から、「富田商店は変わった、とても良いスタンドになった。任せて安心だ。」と言って頂けて初めて、成果を出す事ができたと言えるのです。そしてその結果としての利益が、お客様によってもたらされるのです。

 

 

塗料事業部に於いても、従来の商売のやり方から一歩踏み出せなければ、業界から取り残されてしまいます。そうならない為の、C&C店開設でありウェブの強化なのです。

 

この事業は今まで全く手つかず、或いは細々と行っていた事業です。逆に言えば、この事業の成功の全ては、現在の塗料事業部へのプラスアルファとなるのです。

 

今は全てにスピードが要求されます。石油事業部も塗料事業部も、時間は限られています。急ぎましょう。急がないと、間に合わなくなってしまいます。

 

タイムマシーンに乗って、現在の貴方が今年の年末の自分に出会った時、「未来の私を見たら、目から鱗が落ちる様な発見が出来た」と、今の貴方が思わず口にしてしまうような、未来の自分になっていましょう。

 

 

 

平成二十五年 巳年 正月

株式会社 富田商店

代表取締役社長 富田浩正




ネットワーク拠点

KANAGAWA ヤブタ塗料(株)
SAITAMA    (株)富田商店
NAGOYA    ナガヤ塗料(株)
KOBE      (株)高山商店

オブサーバー

TOKYO     (資)コーティングメディア
EPN会員募集中!!詳しくはこちらをクリック


リンク集
エコペイントの森(株式会社エコネット)
   

■エコペイント・ネットワーク事務局
株式会社 高山商店
〒650-0017 兵庫県神戸市中央区楠町6丁目1-4
TEL:078-371-5050/FAX:078-371-1025