ECO-paintnetwork
カーボンオフセット
に関するご相談は
 TEL : 052-361-0224
CO2排出権付き「建設工事」のコンサルタント  

   

 「環境への負荷の少ない事業活動」
 目指す、各地域を代表する塗料トップ
 ディーラーで結成した集まりです。
 電気・水道量使用削減などに取り組む他、
 社内から排出されるゴミの減量にも
 努めています。



 どうしても発生してしまう二酸化炭素を、
 排出権取引によって
CO2発生量をゼロ
 にする、環境に優しいシステムです。


  商品開発事業

  商品開発コンセプト:費用対性能の良い副資材を求めて

➣リーマンショック以降の長引く不況により、工事費用はどんどん値引きされ、材料の価格は
  じわじわと値上がってきています。その結果、使い捨てになってしう副資材には、低価格であり、
  なおかつ性能が良い商品が求められています。

➣エコペイントネットワークでは、そのニーズに応える為に、費用対性能の良い副資材を、ベトナム
  現地メーカーと協力して共同開発しています。

  開発途中経過

 ベトナムプロジェクトvol.2                        2012年1月23日
  

 2013年1月13日~16日にエコペンメンバーで2度目のベトナム視察旅行に、行って参りました。

 2年前には刷毛・ローラーの仕入れ先を見つけに行ったのですが、当時のメーカーは、どこも日本より30年は遅れているという感じ。

 とても日本の基準には合いそうにもない工場ばかりで、がっかりして帰ってきたのでした。

 今回は、前回廻った中で唯一希望が持てた会社が、新工場を作ったということでその視察に行ったのです。

 結果は、期待以上。時計の針が、一気に30年進んだ感じです。

 以前とは、違い最新の機械が据え付けられていました。

 たったこの1年10ヶ月の期間に、これほど劇的に変われるベトナム人のパワーを感じ、圧倒されます。

 
 以前は、従業員は半裸のような格好で、狭い部屋に100人くらいが地べたにあぐらをかいて、作業していました。
 
 しかし、今回は揃いのユニフォームで整然と作業していました。

 チャイナ・プラス・ワンの展望が、いっぺんに開けました。

 まずは第一弾で、輸入をしようと思っています。

 ベトナムを始めとした東南アジア各国は、今は後進国かもしれません。

 しかし、彼らは日本人が30年掛けて作り上げてきたことを、一足飛びに成し遂げてしまえるのです。

 東南アジアの国々が、韓国の様に日本の脅威になる日ももう直ぐそこかもしれません。

 とは言うものの、ホーチミン市内の交通事情は凄まじいものがあります。

 まだ8割方が、バイク。しかも、原チャリ4人乗りなんて当たり前です。

 それも、乳飲み子を乗せてたりして。転んだらどうなってしまうのだろうと、見ているこちらが、ハラハラしてしまいます。

 左折(あちらは車は右側通行ですので、日本で言う右折です)する時は、バイクの川の中に、強引に車のヘッドを突っ込んで行きます。

 すると、バイクは勝手に止まってくれて、その隙間に車を通すのです。

 されど、日本人では一生曲がる事が出来ないような、運転テクニックです。タクシーに乗っていても、ハラハラ・ドキドキし通しです。

 先にも述べましたが、ベトナムに居るとベトナム人の猥雑なエネルギーというか、混沌としたパワーというものを感じます。

 大島渚は亡くなってしまいましたが、ああいう型破りなタイプが当たり前のように内包できるお国柄なのではないでしょうか。

 型に嵌まらないバイタリティは、波に乗ると恐ろしい威力を発揮しそうです。

 
 とっても有意義な、視察旅行でした。



 ベトナムプロジェクトvol.1                        2011年6月23日
  「ベトナム刷毛・ローラー・塗料メーカー視察の旅」」
  
  2011年3月13日~3月17日にEPN会員5社にてベトナムのホーチミンに視察に行ってきました。。



  今回の目的は、ベトナムの塗料・副資材メーカーの視察と現場のレベルのチェック!!
 一体向こうでは、どのような刷毛・ローラーを使っているのか、日本でも充分通用するレベルなのか、
 ここにプロジェクトの今後がかかっています・・・



  これは現場の様子。ちょうどパテを塗っているところです。。



  現地の塗料販売店。向こうにも日本ペイントの塗料がありました。。



  現地の製造工場の様子。一部に機械も導入してありますが、手作業の部分もあり家内制手工業
 の延長のような感じもします。


 
  現地の製造メーカーとの打ち合わせ。日本から刷毛を持参し、求めるクオリティを提示。今後、
 この日本製の刷毛を参考にしながら商品開発を協働で行っていきます。。



ネットワーク拠点

KANAGAWA ヤブタ塗料(株)
SAITAMA    (株)富田商店
NAGOYA    ナガヤ塗料(株)
KOBE      (株)高山商店

オブサーバー

TOKYO     (資)コーティングメディア
EPN会員募集中!!詳しくはこちらをクリック


リンク集
エコペイントの森(株式会社エコネット)
   

■エコペイント・ネットワーク事務局
株式会社 高山商店
〒650-0017 兵庫県神戸市中央区楠町6丁目1-4
TEL:078-371-5050/FAX:078-371-1025